尊敬語と謙譲語と丁寧語

敬語には大きく分けて、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つの種類があります。それぞれの違いを理解することが、正しく敬語を使う第一歩です。

■尊敬語  相手を尊重する

相手を高く位置づけ、その人を丁寧に扱う言葉.相手およびその動作/状態/所有物などに敬意の加わった形で表現します。

  例)

  相手の動作や状態を高める/お話しになる、いらっしゃる、おっしゃる、召し上がる

  相手や第三者を高める/○○さま、○○さん、○○部長、○○先生、こちらさま

  相手側に近い人や会社、所有物を高める/ご家族、ご親戚、御社、お荷物、お手紙

  相手の性質や状態を高める/お詳しい、ご立派、ご心配、お淋しい、お元気 お忙しい

■謙譲語  自分を謙遜する

自分の動作/状態/所有物などを低く扱う言葉.自分を低めることで間接的に相手を高め、相手への敬意を表します。

  例)

  自分の動作を低める/お届けする、拝見する、うかがう、お教えいただく、お許し願う

  自分そのものを低める/わたくしども、小生、

  自分の会社や学校、所有物を低める/弊社、小社、弊校、粗茶、粗品

■丁寧語  相手を丁寧に扱う

言葉の使い方を丁寧にすることで、話し手が聞き手に対する敬意を表す表現です。

  例)

  ○○です、○○ます、○○でした、○○ました、○○でしょう、○○ましょう、○○でございます

覚えておきたい動詞の尊敬語と謙譲語

敬語の使い方で一番多い間違いは、相手を敬う尊敬語と自分を謙遜する謙譲語の取り違えです。ここでは、就職活動シーンでよく使う動詞の尊敬語と謙譲語の一覧をつくってみました。特に敬語だけに使われる特別?動詞は、尊敬語と謙譲語を対比しながらしっかりと覚えておきましょう。

■敬語だけに使われる特別な形

  動詞      尊敬語             謙譲語

  いる      いらっしゃる/おいでになる    おる

  行く      いらっしゃる          参る/うかがう

  来る      いらっしゃる/おいでになる   参る/うかがう

  する      なさる             いたす

  言う      おっしゃる           申す?申し上げる

  食べる     召し上がる           いただく

  会う                      お目にかかる

  着る      お召しになる

  見る      ご覧になる           拝見する

  寝る      おやすみになる

  やる(与える)                 差し上げる

  借りる                     拝借する

  もらう                     いただく

  知る/思う                   存じる

  わかる                     承知する

  ※空欄のところは特別な形はありません。

  ※走る、笑う、唄う、歩くなど、自動詞の謙譲語は原形のままです。

■規則的な敬語

  動詞/尊敬語/謙譲語

  話す お話しになる/話される お話しする/お話し申し上げる

  読む お読みになる/読まれる お読みする/お読み申し上げる

  待つ お待ちになる/待たれる お待ちする/お待ち申し上げる

  訪ねる お訪ねになる/訪ねられる お訪ねする/お訪ね申し上げる

  連絡する ご連絡になる/連絡なさる ご連絡する/ご連絡申し上げる

  相談する ご相談になる/相談なさる ご相談する/ご相談申し上げる

  伝言する ご伝言になる/伝言なさる ご伝言する/ご伝言申し上げる

main_01  點我馬上來試讀    

免費洽詢專線:0809-090566     Msn / Mail:hitutor@hotmail.com.tw  Skype:hitutor

, ,

HiTutor線上日文 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()