むかしむかし、立山(たてやま→富山県の南東部)のふもとに住む木こりが山に入り、木の株(かぶ)に腰をおろしてナシを食べ始めました。

很久很久以前,在立山(富山県的東南部)的山腳下住著個樵夫,他進到山里,坐在樹墩子上開始吃梨。

するといつの間にか、たくさんのアリが手にはい上がって来たのです。

不知什麼時候,很多螞蟻爬到手上來了。

「なんだ、こいつら」木こりはアリを払い落としましたが、払っても払ってもはい上がってくるので、もうナシを食べる気がしなくなって谷底に投げ捨てました。

"這群傢伙想幹什麼呀。"樵夫拼命甩掉螞蟻,可是不管怎麼甩還是會爬上來,所以再也沒有心情吃梨了,就把梨扔到谷底去了。

それから三年後、今日も山で仕事をしていた木こりは、なにげなく谷間(たにま)を見下ろしてびっくりです。

在那之後過了三年,樵夫還是像往常一樣上山幹活,無意中往山谷看了一下,結果大吃一驚。

何と谷一面が、黄金色(こがねいろ)に光り輝いているのです。

不知道是什麼在山谷間閃著金黃色的光芒。

あまりの美しさに木こりが谷へおりていくと、目の前にキラキラしたご殿(てん)が現れました。

真的是太美了,樵夫走到山谷下,呈現在眼前的是座發光的豪宅。

ご殿には、《蟻王殿(ありおうでん)》と書かれてあります。

這豪宅上寫著"蟻王殿"。

「蟻王殿?アリの王が住んでいるのか?」木こりが驚いていると、中から美しい女の人が出てきて言いました。「ようこそ。さあ、お入りください」

"蟻王殿?是螞蟻之王住的?"樵夫大吃一驚,這時從裡面走出一個美麗的女子說道:"歡迎光臨。請進吧。"

木こりがためらっていると、「大王さまが、お待ちかねです。さあ、どうぞこちらへ」と、誘うので、木こりは女の人の後についていきました。

樵夫猶豫不決的時候,女子又邀請道:"大王已經恭候多時了。那麼,請進吧。"於是樵夫就跟著女子走了進去。

ご殿に入ると、立派な姿をした男の人が近づいてきました。「おほん。わたしは、アリの国の王です。三年前、アリの国が食べ物不足で困っていたとき、あなたがナシを投げてくださいました。おかげで、みんなの命が助かりました。あなたは私たちの、大恩人なのです。さあ、どうかゆっくりとおくつろぎください」

進入到豪宅後,有個衣著氣派的男子走了過來說道:"你好,我是螞蟻國之王。三年前,螞蟻國因為糧食不足而感到萬分困擾時,你扔給我們一個梨。多虧了這個梨,大家都得救了。你真是我們的大恩人啊。那麼,請您好好地在這休息吧。"

アリの大王はそう言うと、見たこともないようなごちそうを次々と運ばせました。

螞蟻大王這樣說了之後,就搬出了很多樵夫之前都未見過的佳餚。

木こりは夢のような楽しい日々を過ごしていましたが、やがて家に帰ることにしました。

樵夫像在做夢一樣每天過的都很開心,但不久之後還是決定要回家去。

大王から、おみやげにもらった金銀の宝物を背負って家に戻ると、十日ばかりと思っていたのに、なんと五十年もたっていたという事です。

螞蟻大王送了很多金銀珠寶作為禮物,樵夫就背著回家了,可是明明覺得才過了十天,卻發現原來已經過了五十年。

 

main_01  點我馬上來試讀     

 

 免費洽詢專線:0809-090566   E-Mail:hitutor@hitutor.com.tw  Skype:hitutor       

 

 線上英文線上日文線上韓語德語西班牙語法語

 

, , , ,

HiTutor線上日文 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()