自我介紹是生活中最常用到的口語,日本人對這方面的措辭也極為講究,特別是在職場中,對初次見面的人一定要做自我介紹。因為第一印象很重要,所以請做一個給人留下好印象的自我介紹吧。另外,介紹他人時,要先向上級介紹下級。切記哦! 

1)向本公司的人自我介绍 社内の人に自己紹介する  

今後請多關照,我姓張。(今日からお世話になります、張と申します。)

初次见面,我姓张。(初めまして、張と申します。)

小提示:也可以用「張と言います」等表达方式,但是「~と申します」(自谦语)的表达方式更为礼貌。

 

請多關照 (どうぞよろしくお願いいたします。

哪里哪里,請多關照。(こちらこそ、よろしくお願いします。

今天開始我就要在這裏研修了。(本日からこちらで研修を受けることになりました。

我會盡最大努力,請多關照。(一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

請允許我做一下自我介紹。(自己紹介させていただきます。

我是這次分到營業部的小王。(この度、営業部に配属になりました王です。

久仰大名(早就聽大家談起您了)。

お噂は伺っております。

小提示:「よくあなたのお話は聞いています」:(常常听说您的事情)之意。 

 

2)向公司外部人员自我介绍 社外の人に自己紹介する 

我是上海商事的小王。平時承蒙您關照了。(上海商事の王でございます。いつもお世話になっております。)

小提示:即使是第一次见面,如果对方已经知道自己的姓名,就不说「~と申します」、而是用「~でございます」的表达方式。

 

哪里,我們才承蒙您的關照呢。(こちらこそ、お世話になっております。)

今后也请多多关照。(今後ともよろしくお願いします。

我是負責營業的小王。(私、営業担当の王と申します。

很榮幸負責貴公司業務,我姓王。(御社を担当させていただくことになりました王と申します。

我是新任的小林,請多關照。(私が新任の林です。どうぞよろしくお願いいたします。)

小提示:「わたくし」是对公司外部人员使用的特别郑重的表达,而「わたし」对内对外都可以使用。对上司的话,我们还是使用「わたし」比较好;对同事的话可以同「ぼく」。而「ぼく」过于粗俗,不太适合在公司使用。

 

我是来接替前任小李的工作的。(前任の李のかわりに赴任いたしました。)

请问,您的大名该怎么读比较合适呢?(失礼ですが、お名前は何とお読みすればよろしいのでしょうか。

小提示:交換名片時,如果不知道對方姓名的讀法,就可以這樣問。

很抱歉,我的名片用完了。(申し訳ありません。今、名刺を切らしております。)

 

 3)向客户介绍上司 上司を取引先に紹介する 

社長,我來給您介紹一下。這位是本公司的科長田中。(社長、ご紹介します。当社の課長の田中です。

小提示:介紹他人時的說法。即使是自己的上司,在客戶面前,也要免去頭銜。如介绍自己公司科长时,不说「田中課長です」,而是说「課長の田中です」。而且,要注意先介紹自己公司的人,後介紹客戶。自己上級和下屬都在場時,先介紹下屬。在別人和自己人都在場時,先介紹自己人。

初次见面,我是田中。(初めまして、田中と申します。

這位是櫻花產業的安部社長。(こちらは桜産業の安部社長でいらっしゃいます。

我是承蒙介紹的安部。(ご紹介いただいた安部でございます。)

 

 

4)相互了解  お互いのことを知る 

請問您在哪里出生?(ご出身はどちらですか?)

我從台灣來。(台灣から参りました。)

很高興能見到您。(お目にかかれてうれしいです。)

您住在哪裡?(どちらにお住まいですか?)

住在台中郊區。(台中の郊外に住んでおります。

我生在台南,長在台北。(私は 台南生まれの台北育ちです。

小提示:常用表達方式之一。「上海生まれの上海育ちです」意为我生在上海,長在上海

 

我在大學裏專攻經濟學。(大学では経済学を専攻してしました。

學生時代我加入過網球部。(学生時代、テニス部に所属していました。)

您的職業是什么?(ご職業は何ですか。)

我從事口譯工作。(通訳の仕事をしております。)

在什么單位上班?(どちらにお勤めですか?)

 

在現在的公司工作滿兩年了。(今の会社に勤めて2年になります。)

我家有四個人。(私は4人家族です。

我的興趣是旅遊和繪畫。(私の趣味は旅行と絵を描くことです。

 

main_01  

免費洽詢專線:0809-090566     快來試讀看看!!    

Msn / Mail:hitutor@hotmail.com.tw  Skype:hitutor 

Posted by HiTutor線上日文 at 痞客邦 PIXNET 留言(0) 引用(0) 人氣()